精神年齢が中々年相応に上がらない。

精神年齢というのを良く聞くことがあるが、僕個人としては精神年齢が自分の歳と合致していないと思うということがよくある。
今は三十代半ばを過ぎた中年であるが、この年であるべきキャリアと経験が、まったくとは言えないものの足りない部分が多くある。
もし精神年齢を問われるテストがあれば、僕は歳相応の知識や経験がないというふうに診断されるだろう。
これについては、得することはほとんどない。若く見られて得するのは女性だけなのではないか。と思うことがある。

年相応とは世間一般の常識の中いる人だと思うが、僕はそこから大きく外れている。
自業自得のところもあるが、やはり大人になれば、結婚して、子供も作り、会社では中間管理職をやっていてもおかしくない年齢だ。
そのどれにも当てはまらない僕は、やはりそこが曖昧だった時代の年齢が、実際の僕の精神年齢なのかなと思う。
つまりモノトリアム世代。20代前半くらいだ。

気は若くても体は老化していて、アンバランスである。白髪もかなり多くなったし、メタボでもある。おっさんになる要素の中でも、欲しくないものだけを得ているような気がする。
これを改善していくにはどうしたらいいのか、最近考えるようのになったが、考えても、結婚できるわけでもないし、中間管理職になれるわけでもないので、それ以外のところで考えた方がいいなとは思った。