わろてんかを見て年齢の事を感じました

NHK朝のテレビ連続小説「わろてんか」を毎朝見ていますが、主演の葵わかなさんはまだ19歳。それでも、若いころから中年と思われる今まで一人で演じています。髪型は少しずつ変わっていて、最初は前髪も後ろ髪も下したスタイル、結婚したころは前髪はそのままで後ろ髪は日本髪風に上げていました。その後、日本髪風は変わらず前髪を上げて現在は後ろ髪をアップにしたスタイルに変化しています。

少しずつ年を重ねている感じはしますが、やはりお肌がぴちぴちしていて若さは消せません。元々葵さんは童顔なので余計に感じます。息子役の隼也くんが成長して、今週から成田凌さんが演じています。アメリカへの留学から帰ってきたという設定なので20代半ばぐらいでしょうか。母親役の葵さんが演じるてんさんは40代半ばぐらいなのでしょう。まだ10代の葵さんだから仕方のないことですが、やっぱり年齢ってどうにもならないことと言うか、年相応に見えるものなんだなと感じました。せいぜい誤差は実年齢プラスマイナス10歳ぐらいなのかもしれません。

葵さんが悪いというのではなく、朝ドラ自体が少女時代から中年以降まで演じるというのは少々無理のあることなのでしょう。