大杉漣さんありがとう。

何年か前に徳島県の神山町で4K映画祭があった。その時に大杉漣さんのバンドのコンサートがあった。ハーモニカを吹いて渋い感じの歌だった。大杉漣さんは僕の高校のずっと上の先輩で一度は話してみたかったな。バイプレイヤーとして有名ですごくたくさんの映画やドラマに出演している。

北野武の映画には常連で激しい演技を見せている。シンゴジラでは総理大臣の役もやっていた。優しいお父さん役も似合っていた。オリンピックを見ていると突然の訃報で驚いた。66歳でまだまだ活躍してほしいと思っていた。最後の出演はゴチバトルだった。

元気そうにしているのが不思議な感じがした。大杉漣さんは無声のアングラ劇団の出身で若いころはピンク映画の主役もやっていた。この頃のことを下積みとは言ってほしくはなかったそうだ。常にその時代にあった演技をみせてくれてマルチな才能を感じさせる。

日本の映画界やドラマにあたりまえに存在していた名脇役、一瞬の出演でも存在感があった。趣味は音楽やサッカーで地元の徳島ボォルティスを応援していた。招待チケットは受け取らず自分でゴール裏の席をとって応援していたそうだ。実直な人柄が見受けられる。

人生においても芸能においても尊敬できる先輩だった。人々の記憶に残る存在だったと思う。感謝の念でいっぱいです。ありがとう。