英語をやり直す

数年前から英語熱が再燃しています。学生時代は「なんとなくかっこいい」「大人っぽくて素敵」といった憧れから英語に興味を持って、他の科目より力が入っていました。いい教師に巡り合えたラッキーも重なり、当時はそこそこの英語力があったように記憶しています。 

社会人になって英語とは無縁の仕事をしながらも、電車で外国の方に話しかけられて乗り継ぎを案内したりすることで記憶を鮮明にする努力をしていました。そして薄給ながら頑張って貯金をして短期留学も経験しました。今思えばなんの基礎知識もなく、よく外国に行ったものだと 自分のことながら感心してしまいます。

怖いもの知らずでしたが、行き先がカナダでしたから治安もよく ホストファミリーもとてもいい家族でした。今思えば、あの時が最初の「やり直し英語」でした。

毎日の生活の中で、ちょっとしたもの忘れを自覚して苦笑いをすることも出てきたこの年になって、なぜかまた英語が話せたらいいな と考えるようになってきたのはなぜでしょうか。

人間関係に疲れて日常から離れたくなったのか、海外ドラマの日本語字幕が鬱陶しく感じるようになったのか。とにかく猛烈に英語の聞こえる生活を送りたいと思ってしまうのです。

まずはすぐ始められるラジオやテレビの英語番組から。ラジオは小学生の頃から聞いていたもので、時間もほぼ一緒で思わず笑ってしまいます。早朝のラジオから聞こえる先生の声は「やり直し英語」を「やり直してる」自分への励ましのようです。

いつかまた、カナダに行きたい。英語ペラペラのおばあさんになるのが、最近の私の夢のひとつです。