タグ別アーカイブ: 女たち

結婚できない女たちに言いたいことがあるけどとても言う勇気がない

「そんなんだから(結婚できないん)だぞ」って思うことしばしば。

したくても結婚できない女。

独身の女性は、2パターンあるような気がする。ひとつは、自分自身が趣味に夢中!などなど大充実超充実していて、結婚に意識が向いていないタイプ。

このタイプの女たちは、見ていて清々しい。いつもキラキラと忙しそうで、「結婚」なんて言葉はそもそも知らないんじゃないかとすら思う。

私の友人の中にも、二人ほどこのタイプがいるけど、二人とも浮世離れした雰囲気の美女。

問題はふたつめ。

なんだかんだ言い訳しつつも、本当は結婚したくてしたくてしょうがない女。もうこれは本当に面倒臭い。

出会いがないんだよねー。

仕事が楽しいから、結婚とか興味ないんだよね!

世の中にいい男が少なすぎる!

結婚して何か意味あるの?

まだ遊びたいし。自由でいたい。

言葉の端々に漂う既婚者へのひがみと妬み。

彼女たちは、自分が「本当は結婚したくてしたくてしょうがない女」であることを隠そうとする。

こっちは隠したいんだろうけど隠しきれてない痛々しさを見て見ぬ振りしながら上手に「地雷」を踏まない会話をしなくてはならないものだから、疲れる疲れる…。

無趣味な女であることも彼女たちの共通点。「夢中になれない」んだそうな。

プライドばっかり高くて可愛げがなく、無趣味でいつも本当は暇。でも暇なんて思われたくないから一生懸命ランチに通って、ホテルのスィーツブッフェに出かけて、ワインバーでポーズをきめて、SNSに写真をアップ。

それがダメなんじゃないけど、魅力的かそうでないかって言ったら、そうでないよな、と私は思うのです。

素直に「結婚したい!!したいしたいしたい!!」って言ってみたら?って思う。その方が楽ですよ、っても。

出会いがないんじゃなくて、見つけてもらえないだけ。

仕事で充実してるフリをしているだけ。

いい男を見つけられないだけ。

負け惜しみを言う前に、本気で恋愛をしてみたら?

果物でも何でも、「いいもの」って早く売れるんです。

これは祖母の言葉だけど。

まあ、実際に彼女たちの前で口に出したら袋叩きにされそうなので。ここで独り言。