野菜の多い食事にしたら風邪を引かなくなりました

私は独身の頃は管理栄養士として病院で献立を作成していたので、結婚して子供ができた今特に食事には気をつかっています。野菜は毎食150グラムはとれるようにしています。独身時代はあまり自分の食事に気を使っていなくて毎年季節の移り変わりのときには風邪をひいていました。

結婚して専業主婦になり、野菜をたくさん食卓に並べるようになったら風邪をあまりひかなくなりました。子供たちも野菜を喜んで食べてくれます。そのおかげか、周りの友達が風邪を引いて学校や幼稚園をお休みしていても我が家の子供たちは風邪をひかずにお休みすることはありません。皆勤賞は何よりうれしいです。

これからも野菜の多い食卓作りを心がけていきたいと思います。

蜘蛛は美味?テレビ番組で蜘蛛を食べている場面を見てしまいました?!

なんと!蜘蛛ですよ。あの細い糸を器用に出しながら綺麗な模様をつくるあの蜘蛛を美味しい?と言って食べてるではないですか!ビックリ所かゲッ!マジか!と思いましたよ。蜘蛛と言っても多種類いますが、蜘蛛のお尻が黒と黄色の縞模様で、私からすると、少し大きい方だと思います。男性の方がその蜘蛛の口を千切って取り除いて、熱した油の中にそのまま投入してました。要は素揚げです!なので、もろにそのままの姿、形です。ひぇ~って感じ!素揚げした蜘蛛に塩を少し付けて、双子の年配のお姉様方が勇気を出して口の中にはむっ!ムシャムシャ…。美味しい~と言ってました。
案外さっぱりしてて、食べやすいので、意外といくつもイケるそうです!私はへぇ~と思いながら、番組を見てましたが、そう、書く言う私も実は蜘蛛を食べた夢を見た事がありました。私も番組と同じ、黒に黄色の縞模様で全く一緒なのですが、私の場合、スープでした。朝起きると母が蜘蛛の入ったスープをテーブルに置いたんです。えっ!これ美味しいの?って母にきいたら、美味しいから、早く食べなさい?と言われ、しぶしぶ、食べました。食べた私もすごい!しかし、見た目と違いとても美味しかったと感動した私を”夢”で見ました。とってもリアルで、今でも忘れる事ができません。機会があれば、皆さんも一口召し上がれ?

秋らしくなってまいりましてこれをしている所も

11月に入りまして秋らしくなりましたが今はいろんな所で秋祭りをしている所も多いと言う。

特にこの時期になると大学祭をしている所が多いと言うが毎年の様に賑わっている。

特に一般の人だけではなく受験をする生徒さんにはチャンスがあると思われている所だと言う。

この時期は大学の推薦入試で行って来ている事もあるが国立大学などは一般入試があるのでこの様な所に行くのもいいかも知れない。

キャンパス見学などない分この様な学園祭に行く事で雰囲気を味わう事もあるので注目だと思っている。

そして、いろんな所で祭りなどしているとこもあるが新酒まつりをしている所もあるがここもイベントをしている所もあると言う。

でも、車など運転している人には試飲ができないと言う事で我慢はすることもあると言うが楽しみもあると言う事になるのです。

これから紅葉も見ごろなので深まる秋をあの染みたいと思っているかもしれないと言う。

寒い日が来るまでこの様な楽しみがあると思っています。

同級生が働いている姿に刺激を受けた

この前、市役所に行きました。座っていると、見たことのある人がみえました。小学校、中学校の同級生らしき人物でした。しかし、私はとても目がわるかったので、まさか同級生がここにいるわけないよなと思い、そのまま待っていますが、その方が久しぶり、と声をかけてきたのでびっくりしました。やはり、同級生でした。

同級生が市役所に勤めているなんて驚きました。顔は少し疲れている感じでとても大変だと言っていました。少し話した後私は手続きがあったのでほかの職員と話していましたが、その間も彼女は一生懸命仕事に取り組んでいる様子が目に映りました。私は普段事務の仕事をしていますが、正直飽きてきて適当に仕事をこなしている所でした。しかし、同じような職場で一生懸命頑張っている同級生の姿を見て、私も仕事を頑張ろうと思えました。

懐かしい思い出に感涙まったり中

今日は、子供の服を衣替えしようと2階へ。

クリアケースを引っ張りだし、夏物から秋冬へと大移動。

そんな中、思い出深き物が出てきました!

子供が初めて履いたfirstシューズです。

小さい。とにかく小さい。

こんな小さかったのかと、少し涙が(照)

小さな小さな靴だけど、たくさんの思い出が詰まってて、実はでっかい靴なんですよー。

初めて履かせた時、喜んで、一日中履いてたっけな(笑)

夜寝る時も履いて寝るって駄々をこねて、靴の後ろを自分でティッシュで一生懸命拭いてたっけ(笑)

懐かしい。笑っちゃうけど、成長の過程が巡らされて涙涙です。

今では、私を抜かし靴のサイズも抜かし、小生意気な事を時々申してますが、「ママ~お腹空いた」と寄ってくる顔負けは、まだまだあどけなさいっぱいです。

通勤服のcを考える

最近、通勤用の服が欲しくて色々なサイトでコーディネートを見ています。

雑誌でもチェックをしていますが、ネットでも雑誌でも根強くプッシュされているのがユニクロ、無印、ZARAです。

無印とユニクロは地元でも調達することはできますが、ZARAは興味はあるものの、都会へ行かないと手に入りません。

アウトレットへ行けばNATURAL BEATY BASICもありますが、ここはアウトレットでも少し高いような気がしています。

商品自体はいいものでアウトレットで買った方がお得ということも分かりますがなかなか手を出すことができません。

現在はユニクロと他ブランドの安い洋服を合わせてコーディネートができればと考えています。

組み合わせを上手く考えて使い回せるようなアイテムが欲しいです。

カードローンが無利息になっている理由

どんな商売でもまずはお客さんに門をくぐってもらうことが重要になります。つまりは、最初に使ってもらうことが何より大事なやり方になるわけです。そこでカードローン会社がやっていることがあります。

それが無利息キャンペーンです。要するにお金を借りたときに細かい条件はあるとしても無利息で貸してくれるわけです。当たり前ですが、こうした業者は利息収入によって会社成立たせているわけです。ですから、無利息では意味がないわけですが、とにかく最初に借りてもらうことが大事であり、一種の客の誘い込みのやり方になります。

しかし、カードローン会社がどんな思惑でやっていようと別にそれはまったく問題ないことです。無利息で貸してくれるところがある、というのは知っておくべきでしょう。これによって、上手く資金のやり繰りができるようになります。但し、それでも使いすぎることは避けるべきであるといえます。

また、銀行系のカードローンであれば総量規制もないですから、ある意味でとても使い易いことは確かであるといえます。無利息であることは、ずっとではないですから、そこは勘違いしないことです。あくまで業者としても最初の誘い水であるからです。しかし、良いサービスです。

主婦のための消費者金融借り換え比較!
http://jenballie.com/

強い信念が勝利をもたらしていると感じた

リオオリンピック女子柔道で女子初となる金メダルを取った70キロ級の田知本選手のことが話題になっていました。

彼女の予選での戦いを見ましたが、勝利への執念を強く感じるもでした。試合では優勝しなければならない信念が彼女を突き動かしていたようにも見えたのです。表現が悪いのですが怨念に取りつかれていたようでもあり、鬼気迫るものを感じました。途中にひやっとする場面もあったように思いますが、何かのバリアに守られているようでありました。

世界ランキング12位の彼女が優勝したこのとは快挙と言えるかも知れません。そんな彼女ですが今回の試合でロンドンでの雪辱をはらすことができ、喜ぶときの姿は普通の女子に戻っていたように感じました。

娘の初めての夏休みの過ごし方について

明日から娘の幼稚園が夏休みです。

年少なので初めての夏休みで本人も楽しみにしています。幼稚園児なので宿題もなく遊ぶのみの夏休みです。

夏休みの予定は今のところ、幼稚園のお友達とのバーベキューや公園遊び、家族で行くテーマパークです。

本当は旅行にも連れて行ってあげたい、というか私が行きたいのですが、夫のお盆の休みが飛び休になってしまい難しそうです。

1泊2日でもいいから泊まりで行きたい、そう思いネットで検索してみたものの、お盆の料金の高さに驚きました。

旅行に行けなくても、日帰りのお出掛けで楽しもうと思っています。

花火大会や、地元のお祭りにも参加しようと思います。

娘が大好きな水族館でのイルカショーにも連れて行ってあげたいです。

イルカショーは元々私が大好きで、結婚前によく夫に連れて行ってもらいました。

夏休みは限定のナイトショーがあって、南国に来たような雰囲気を味わえます。

朝から行って昼夜2回のショーを楽しみたいです。

水族館の館内のひんやりした感じが夏の暑い時期とてもいいです。

夏休みの予定を考えている時間も楽しいものです。

サービス業で普段平日休みの夫は、娘が幼稚園に入園してから休みの日に娘と1日一緒に過ごせなくなっていたので、夏休みを楽しみにして張り切っています。

結婚できない女たちに言いたいことがあるけどとても言う勇気がない

「そんなんだから(結婚できないん)だぞ」って思うことしばしば。

したくても結婚できない女。

独身の女性は、2パターンあるような気がする。ひとつは、自分自身が趣味に夢中!などなど大充実超充実していて、結婚に意識が向いていないタイプ。

このタイプの女たちは、見ていて清々しい。いつもキラキラと忙しそうで、「結婚」なんて言葉はそもそも知らないんじゃないかとすら思う。

私の友人の中にも、二人ほどこのタイプがいるけど、二人とも浮世離れした雰囲気の美女。

問題はふたつめ。

なんだかんだ言い訳しつつも、本当は結婚したくてしたくてしょうがない女。もうこれは本当に面倒臭い。

出会いがないんだよねー。

仕事が楽しいから、結婚とか興味ないんだよね!

世の中にいい男が少なすぎる!

結婚して何か意味あるの?

まだ遊びたいし。自由でいたい。

言葉の端々に漂う既婚者へのひがみと妬み。

彼女たちは、自分が「本当は結婚したくてしたくてしょうがない女」であることを隠そうとする。

こっちは隠したいんだろうけど隠しきれてない痛々しさを見て見ぬ振りしながら上手に「地雷」を踏まない会話をしなくてはならないものだから、疲れる疲れる…。

無趣味な女であることも彼女たちの共通点。「夢中になれない」んだそうな。

プライドばっかり高くて可愛げがなく、無趣味でいつも本当は暇。でも暇なんて思われたくないから一生懸命ランチに通って、ホテルのスィーツブッフェに出かけて、ワインバーでポーズをきめて、SNSに写真をアップ。

それがダメなんじゃないけど、魅力的かそうでないかって言ったら、そうでないよな、と私は思うのです。

素直に「結婚したい!!したいしたいしたい!!」って言ってみたら?って思う。その方が楽ですよ、っても。

出会いがないんじゃなくて、見つけてもらえないだけ。

仕事で充実してるフリをしているだけ。

いい男を見つけられないだけ。

負け惜しみを言う前に、本気で恋愛をしてみたら?

果物でも何でも、「いいもの」って早く売れるんです。

これは祖母の言葉だけど。

まあ、実際に彼女たちの前で口に出したら袋叩きにされそうなので。ここで独り言。